機体

DJI Phantom4 PROのレビューや気をつけたいこととは?

ドローンステーションREALITYの竹澤(@drn5735)の竹澤です。

皆さんは何の機体でフライトしていますか?

自分は、Dji mini2とDJI Phantom4 PROの2台の使い分けで撮影しています。

基本はDJI Phantom4 PROを利用しmini2はサブ機として活用しています。

そこで今回は私のメイン機であるDJI Phantom4 PROについて解説していきます。




DJI Phantom4 PROスペック

機体

重量 (バッテリーとプロペラを含む) 1388g
対角寸法 (プロペラを含まず) 350mm
最大上昇速度 Sモード:6m/s、 Pモード: 5m/s
最大下降速度 Sモード:4m/s、 Pモード: 3m/s
最大速度 72km/h (Sモード) 、58km/h (Aモード) 、 50km/h (Pモード)
最大傾斜角度 42° (Sモード) 、35° (Aモード) 、25° (Pモード)
最大角速度 250°/s (Sモード) 、150°/s (Aモード)
運用限界高度 (海抜) 6,000m
最大風圧抵抗 10 m/s
最大飛行時間 約30分
動作環境温度 0 ~ 40℃
GPSモード GPS/GLONASS
ホバリング精度 垂直方向:
±0.1m (ビジョンポジショニング使用時) 、
±0.5m (GPSポジショニング使用時)
水平方向:
±0.3m (ビジョンポジショニング使用時) 、
±1.5m (GPSポジショニング使用時)

 

カメラ

センサー 1’’ CMOS、有効画素数: 2,000万画素
レンズ 視野角:84° 、8.8mm/24mm (35mm判換算) 、f/2.8 ~ f/11 オートフォーカス (1m~∞)
ISOレンジ 動画:100 ~ 3200 (自動) 、100 ~ 6400 (手動)
静止画:100 ~ 3200 (自動) 、100 ~12800 (手動)
メカニカルシャッター 8 ~ 1/2000s
電子シャッター 8 ~ 1/8000s
最大静止画サイズ 3:2アスペクト比:5472×3648
4:3アスペクト比:4864×3648
16:9アスペクト比:5472×3078
PIV(ピクチャーインビデオ)の静止画サイズ 4096×2160(4096×2160 24/25/30/48/50p)
3840×2160(3840×2160 24/25/30/48/50/60p)
2720×1530(2720×1530 24/25/30/48/50/60p)
1920×1080(1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p)
1280×720(1280×720 24/25/30/48/50/60/120p)
静止画モード シングルショット
バーストショット:3/5/7/10/14枚
オート露出ブラケット (AEB):
0.7EV ステップでの 3/5 ブラケットフレーム
インターバル:2/3/5/7/10/15/30/60s
動画モード H.265
C4K:4096×2160 24/25/30p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @65Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @80Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @50Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60p @65Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @25Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @35Mbps
HD:1280×720 120p @60MbpsH.264
C4K:4096×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @80Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @100Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @60Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60 @80Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @30Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @45Mbps
HD:1280×720 120p @80Mbps
最大ビデオビットレート 100 Mbps
対応ファイルシステム FAT32 (≤ 32 GB); exFAT (> 32 GB)
静止画 JPEG, DNG (RAW), JPEG + RAW
動画 MP4/MOV (AVC/H.264;HEVC/H.265)
対応SDカード microSD、最大容量:128GB.
書き込み速度 15MB/s以上、クラス10またはUHS-1が必要
動作環境温度 0~40℃

赤外線検知システム

障害物検知範囲 0.2 ~ 7m
障害物検知角度 70°(水平方向) 、±10°(垂直方向)
検知周波数 10Hz
動作環境 反射率が異なる表面、
および反射率 >8% (壁、木々、人など)

DJI公式HPより引用

実際の撮影風景

近くの公園で練習フライトした際の映像になります。

mini2に比べある程度の風があったりしても安定していました。

包括申請の際に気をつけたいこと

包括登録の際に気をつけたいことがあります。

それは何かと言いますと、プロペラガードです。

私は知らずに純正のものをつけて包括申請をしました。

そうすると、申請不備のメールが届きました。

純正なのになぜ?と商品の詳細を見てみるとこのような注意書きがありました。

DJI PHANTOM 4 NO.62 プロペラガード」は無人航空機の飛行に関する許可・承認には適合しません。

国土交通省の申請を必要とするフライト時は、適合する本プロペラガード「DJI PHANTOM 4 PRO NO.142 申請用プロペラガード」をご利用ください。

きちんと文章を読まなかった結果このような失態をしてしまいました。

DJI Phantom4 PROには申請用のプロペラガードがあるのです。

 

Phantom 4 Pro シリーズ - 申請用プロペラガード
by カエレバ

 

純正も申請用のものも結構金額しますので、ご注意ください。

ドローンの包括申請はこちらから
手順はこちらのドローン情報基盤システムをはじめてご利用の方への資料をご覧ください

注意

フライトの際には、包括申請以外にも機体の登録DIPSの登録など必要な登録は必ずおこなってください。

さいごに

いかがでしたか?

新しい機体を購入する際には、各種登録方法や登録に必要なものの購入など事前に調べておくとスムーズに登録作業が進みます。

現在は包括申請においても時間がかかりますので、あまり手戻りのないようにしていきましょう。

 

 

 

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-6600545638995316" crossorigin="anonymous"></script> <!-- 標準(レスポンシブ) --> <ins class="adsbygoogle" style="display:block" data-ad-client="ca-pub-6600545638995316" data-ad-slot="6633132596" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"></ins> <script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); </script>

© 2022 ドローンステーションREALITY