機体

2022年6月20日から無人航空機の登録が義務化されます

ドローンステーションREALITYの竹澤(@drn5735)です

2022年6月20日より無人航空機の登録が義務化されます。

無人航空機の定義はこちらから

こちらの登録では、無人航空機の定義が重量が200g未満のものから100g未満のものへ改定され100g以上すべてのものが登録の対象になります。

では今回は無人航空機の登録について解説していきます。




登録制度に関するお知らせ

 

近年、無人航空機(ドローン・ラジコン機など)の利活用が急増している一方、事故や、無許可で飛行させる事案が頻発しています。
このような状況を踏まえ、航空法改正に基づき登録制度が施行されます。
この法改正によって、2022年6月以降、無人航空機の登録が義務化され、登録されていない無人航空機を飛行させることはできなくなります。

機体への登録記号の表示に加え、リモートID機能の搭載が義務化されます。

リモートID機器から電波で機体の識別情報を発信することにより、飛行中であっても登録されている機体かされていない機体かを判別可能にし、空の安全を確保します。

無人航空機登録ポータルサイトより引用

無人航空機の登録について

登録申請は2021年12月20日から、ドローン登録システム上にて行うことができます。

登録のしかたはこちらから

すべての手続き完了後、申請した機体の登録記号が発行されます。
登録記号を機体へ表示してください。

私はテプラで登録番号を印刷し機体に貼り付けています。

CASIO ネームランド KL-P40-WE
by カエレバ

登録料金は有料です。

1機目の登録の場合

紙の書類で申請する場合は2,400円

免許証やパスポートによるオンライン申請の場合は1,450円

マイナンバーカードやgBizID(法人・個人事業主向け共通認証システム)による申請は900円が必要になります

2機目以降は、国交相のホームページよりご確認ください

マイナンバーカードを利用すると費用を抑えることができるのでオススメです。

登録の有効期間は3年間になります。

さいごに

いかがでしたか?

今回は機体の登録について解説していきました。

機体の登録は必須で、義務化以降に登録せずに飛行した場合には、航空法に基づき、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。

事前登録期間中(2021年12月20日から2022年6月19日までの間)に登録申請を完了できない場合には、リモートID機器の搭載が必須になりますので注意しましょう。

 

 

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-6600545638995316" crossorigin="anonymous"></script> <!-- 標準(レスポンシブ) --> <ins class="adsbygoogle" style="display:block" data-ad-client="ca-pub-6600545638995316" data-ad-slot="6633132596" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"></ins> <script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); </script>

© 2022 ドローンステーションREALITY