女性目線で見た清潔感の無い男性の3つの特徴とは?

カウンセリングREALITYの竹澤です。

清潔感は非常に大切ですよね。

しかし、清潔感とは「お風呂に入って洗濯していれば良い」だけではありません。

実は、女性が重視する「男性の清潔感」はそれだけでは無いのです。

ここでは、女性目線で見た清潔感のない男性の特徴を3つ紹介していきます。

女性はこのようなところを見て清潔感があるかないか判断しています。自信がない人はぜひチェックしてみて下さい。




指先や爪が汚い

女性が1番気にするところは、指先と言っても過言ではありません。

爪が長いのはもちろん、爪が短すぎてもいけませんし、爪の間に泥などの汚れが入っている状態もいただけません。

爪が長すぎると、それだけで不潔に見えてしまいます。

爪が長いとその間に汚れが入りやすくなり、さらに取り除きにくくなりますから、「一体いつから汚れているんだろう」と思われてしまいます。爪は適度な長さに切っておくことが大切です。

短すぎる爪も清潔には見えません。

一本だけ深爪になってしまったのであれば問題はありませんが、すべての指の爪が短いと、爪の切り方が下手に見えますし、指先がきれいに見えません。

爪は短ければ良いわけではありませんので、短く切りすぎないように気をつけましょう。

切り傷を作ってしまって絆創膏をしている程度ならば問題は無いですが、あちこちからささくれをとってしまって血が出ているような指先では、清潔には見えません。

爪だけではなく、指先をいじったりせず、きれいに保ちましょう。

洋服にシワが入っている

たとえきちんと洗濯していても、洋服にシワが入っているとそれだけで清潔感がなくなります。

シワが入っているときちんと洗濯していないように見えてしまいますので、イメージが悪くなってしまうのです。

きちんと洗っていたとしても、変なところでシワが入っていると選択していないように見えてしまい、マイナスのイメージにつながってしまいます。

洗濯物を干すときには、シワができないようにきちんと伸ばすことが大切です。

ハンガーにかける時でも、きちんとした場所でハンガーにかかっていないと変なところに線が入ってしまいます。

また、洗濯物を取り込んだときにはできるだけすぐにたたみましょう。

たたまずに洗濯物を山にしていると、そこからシワが入ってしまうこともありますし、たたむ時にもきちんと洗濯物を伸ばしながらたたむことが大切です。

どんなに洗濯をしていても、よれよれになった洋服などは避けましょう。

着ている洋服は清潔感を左右しますので、ただ洗濯するだけではなく、洋服をきちんと保管することが大切なのです。

体臭や加齢臭がする

男性の場合、どうしても体臭や加齢臭が気になることもあるかもしれません。

しかし、匂いは非常に重要です。

きちんとお風呂に入って汚れを取ることはもちろん、こまめに洗濯をして洋服をきれいに保つことも大切です。

洋服から生乾きの匂いがしないかどうか確認しましょう。

どれだけ洗っても生乾きの匂いが取れないのであれば、洋服にばい菌がついている可能性もあります。

40度以上のお湯をかけることで殺菌できますので、煮沸消毒をしてみても良いかもしれません。

制汗剤等を使って匂いを抑えることも大切です。

小さい制汗剤であれば持ち歩くこともできますので、制汗剤を朝に使うだけではなく、こまめに制汗剤を使っても良いでしょう。

香水の使いすぎには注意が必要です。

体臭や加齢臭をごまかすために香水を使う人もいますが、香水に体臭や加齢臭が混ざってしまうと、体臭や加齢臭以上の匂いになってしまいます。

制汗剤を使うのであれば、無臭のものを使った方が良い場合もあります。

ただ、自分の匂いは自分ではわからないこともあります。

そのため、自分でわからなければ身近な人に聞いてみても良いでしょう。

清潔感を出す為に気をつけることとは?

清潔感を出すときには、「自分がこの人と一緒にいて不快じゃないかどうか」考えてみましょう。

長い爪、短い爪、傷だらけの指先を出されたら、良い印象は持たないですよね。

一緒に仕事をする人のスーツがよれよれだったり、ワイシャツにシワが入っていたりしたら、「ちゃんと洗濯している?」と思ってしまうのではないでしょうか。

一緒にいて不快ではない人、一緒に仕事をしやすい人は清潔感がある人だと言っても良いでしょう。

自分が一緒にいて心地良いと思える人間になることが大切です。




さいごに

いかがでしたか?

清潔感のある男性になりたいと思うのであれば、指先や洋服など、女性の目が行きやすいところに注意を払ってみてください。

指先をきれいに整え、洋服をきちんと干して畳み、そして匂いに気をつけることが大切です。

その一方で、匂いは自分ではわからないことがありますので、聞ける人がいるならば周りの人に自分は匂いがするかどうか聞いてみても良いでしょう。

ちょっとした工夫で清潔感を出す事は可能です。少し意識するだけでも変わります。

この記事を書いた人