何がいけなかったのか考えよう?初デートでよくある失敗とは?

カウンセリングREALITYの竹澤です。

マッチングした人との初デート!

ワクワクと緊張と不安で胸がいっぱいになりますよね?

初デートは楽しくて有意義な時間にしたいです!

そこで、今回は、お互いのことをまだ深く理解出来ていないこそ気をつけたい、「初デートの失敗」について解説していきます。

初デートでよくある失敗とは?

デートプランを任せきりにする

デート当日、女性の立場からすればデートコースやプランは男性にリードしてもらいたいですよね?

デート日が近づいてくると男性から「どっか行きたいとこある?」とか「何が食べたい?」と質問が送られてきたりします。

そこで、女性が言ってしまいがちな気をつけたい発言が「なんでもいいですよ」などのプラン任せっきり発言です!

この発言って、男性を頼りにしている感じがして、プラスに考える女性が多いのですが、意外に困るという男性が多いのです。

初デートでは、まだ相手の好みがよく分からない状態ですので、自分1人で決めたプランが相手に気に入ってもらえない時の不安になります。

なので初デートのプランは電話などで2人で話し合うのがおすすめです。

2人でプランを考える時間が何より楽しかったりしますし、一緒に考えたプランで当日の楽しみ度も上がります!

話しすぎ、聞きすぎ

デート当日、会話を楽しみたいですよね!

会話から声のトーン、表情、言葉などから相手の内面を知ることができるし、自分のことを相手にアピールする1番のチャンスです。

会話がうまく弾めば、初デートは成功すると言っても過言ではないでしょう。

しかし、会話の時にも気をつけないと初デートを失敗に追い込むかもしれない大事なポイントが2つあります。

まず1つ目が、喋りすぎです。

相手を楽しませたい!や自分のことをアピールしようと自分ばかりか喋りすぎると、相手は疲れてしまいますし、特に男性の場合はうんざりする場合もあるでしょう。

その場では相手がニコニコしていても、話し過ぎかな?と感じたら今度は相手の話しを聞くことを意識したいですね。

2つ目は話しを聞きすぎることです。

聞き上手になることは非常に効果的ですが、あまりに自分のことを話さないと、結局自分がどんな人間か伝わらず、相手に印象を与えないまま終わってしまいます。

ネガティブ発言

デートの始まりから終わりまで、いい雰囲気で始まりいい雰囲気のまま帰宅したいところですよね?

帰ってから思い出す記憶が「楽しかったなあ」と思って貰えたらうれしいです。

しかし初デートの楽しい雰囲気を壊してしまう魔物が存在します。

それは自分の内から出てくるネガティブ発言です。

例えば、仕事のことを聞かれ、仕事の愚痴などを話したりしたことはないですか?

彼氏や友達に自分の思いを聞いてもらってスッキリするのはいいとは思いますが、初デートに関してはNGです。

失敗しない為に気を付けたい事とは?

初デートに失敗しないためには、とにかく楽しかったという印象を与えることが大事です!

初デートで意識したいことは、とにかくいい印象を持ってもらって、次のデートに誘ってもらえるようにすることと、何より自分が楽しむことです!

自分が1番楽しめば、楽しい雰囲気が相手にも伝達して、楽しい空間ができると思います!

 

いかがでしょうか?

よくある初デートでの失敗を紹介いたしました。

このような失敗をして大事な初デートのチャンスを逃さないためにも、プランは2人で考える!

会話は話す聞くのキャッチボール!

ネガティブ発言は禁止!

この3つの失敗ポイントを抑えて、待ち合わせから解散までどの場面を切り取っても「楽しかったな」と思ってもらえるようなデートを2人で作り上げてみてください!

 

 

 

 

この記事を書いた人