彼とのデートが楽しくない!そういうときに試したい3つのポイントとは?

カウンセリングREALITYの竹澤です。

彼とのデートだというのに、楽しくない!

そういう時ありませんか?

彼に原因があるなら、そこを追求したりお願いして直してもらえばいいのかもしれませんが、理由がわからないままだと落ち込む一方ですよね。

今回は、彼とのデートが楽しくないと感じるときに試してほしい3つのポイントを紹介します。

彼とのデートが楽しくないと感じるときに試してほしい3つのポイントとは?

1.行きたいとかやりたいを素直に伝えよう!

あなたは彼とのデートでわがままが言えていますか?

本当はもっと別の行きたい場所があるのに、彼からの提案に遠慮して「行きたくない」「こっちに行ってみたい!」を言わず、我慢してしまっているところはありませんか?

「雨だから今日は家デートがいいのに」とか、「今日は洋食の気分なの!」なんて、わがまますぎるような気がして言い出せない気持ちもわかります。

しかし、愛されているかどうかをわがままを言うことで試す女性もいるくらいですから、少しくらいのわがままは彼も受け止めてくれるはずですし、むしろ希望を言ってくれたら助かる時だってあるかもしれません。

2.日常のやりとりでひっかかるところがなかったか?心当たりは早めに解決!

これまでの彼とのやりとりで、どこかひっかかるところはありませんでしたか?

「あんなにきっぱり言わなくてもいいじゃない!」とか、「前にも言ったのにまた言わせて…」なんて不満は、心に閉じ込めておいたつもりでもなかなか消えません。

そして、忘れた頃に「まただよ!」とイライラが噴出してしまいます。

今のあなたはそれをなくすために彼に本音をぶつけてしまうべきではないでしょうか。

かといって「さっきの何なのよ」なんて言うと角が立ちます。

自分のイライラが制御できるうちに早めに切り出して、できれば彼の機嫌を見ながら伝えましょう。

ひっかかるところをその都度伝えて解消していけば、彼もそのうち慣れてきます。

それに、何も言わない時は不満がないと伝えているようなものなので、本当の気持ちが通い合ったカップルになれるのです。

3.幸せに慣れすぎている

あなたは幸せに慣れすぎているだけかもしれません。

どんなに幸せでも、それが日常的に当たり前になってしまうと「幸せだな」と思えなくなる時があります。

さらに「平和すぎて退屈!」とか、「刺激がない彼は無理かも」なんて発展していく恐れもあり、幸せにどっぷりなのもちょっと考えものです。

そんな時は自分を良く知る友達に彼のことをノロケてみてはどうでしょう。

当たり前に感じてしまっている彼の優しさや愛情を、友達に伝えて反応を見てみるのです。

すると、お世辞でも「いいな」と返してくれるはずで、「うちの彼氏なんか」と愚痴が始まるかもしれません。

それを聞きながら最初の頃の自分の感情を思い出したり、彼の気持ちを想像して幸せに浸ってみてください。

または、あえて苦労の時間を作るようにします。

仕事を多く引き受けて自分をいじめたり、苦手な先輩に話しかけたりしてみましょう。

苦労をすることで日頃の自分がいかに恵まれていたのか気づけるかもしれません。

彼を傷つけないように気を付けたい事とは?

彼とのデートが楽しくないからと言って、「なんだか楽しくないの!」とよくわからない感情を乱暴にぶつけるのはやめましょう。

それでは彼も傷つきますし、自分を責めて自信が持てなくなってしまいます。

無理に明るく振舞う必要もありませんが、「元気が出なくて」というように、伝える時はしおらしく、相手を煽らない伝え方をしてあげてください。

さいごに

いかがでしたか?

彼とのデートが楽しくないなら他にもいくつか原因が考えられます。

生活リズムの乱れや日頃の仕事のストレスもそうですし、デートを仕切る彼にうんざりする以外にも「任せるよ」ばかりの彼にイライラしたりなんてこともあるでしょう。

彼だって我慢しているところもあるでしょうから、こういった不満は早めに伝えて相手からも聞いておくべきです。

その中で本音が言えるカップルに変わっていき、本音を言う時の配慮もうまくなっていきます。

 

 

この記事を書いた人