聞き上手になろう!デートでの会話で好印象を与える会話術

婚活アドバイザーのよしです。

毎日のやりとりからデートの約束をしたけれど、何を話せばいいの?という質問をいただきます。

自分から話さなきゃという思いが強ければ強いほどプレッシャーになり、会話ネタが見つからないと思います。

今回は、デートの際の会話について解説していきます。

デートでの会話術

皆さんは聞き上手という言葉を聞いたことがあると思います。

会話が上手の方は聞き上手なのです!

それはなぜかといいますと、会話のフローを回すことで最小限の努力で最大限の効果を生んでいるからです。

会話フローとは?

では、実際に会話フローについて解説していきます。

まず、相手のプロフィールを思い出してください。

  1. その中から、質問をします。
  2. 相手が回答する
  3. 回答を深く掘り下げる

この3つを繰り返してみてください。

趣味の話で、この会話術を使うと相手は気持ちよく話をしてくれます。

なおかつ、話しやすいかもなどこちらにも良い影響を受ける効果もあるのです。

 

 

 

 

さらに好印象を与える会話術

会話術だけでも、好印象を与えることはできますが、さらに好印象を与える会話術があります。

それは「あいづち」です。

みなさんは「さしすせそ」を知っていますか?

このさしすせそは、古いと思いきや今でも使える鉄板の相づちです。

 

 

 

 

この相づちを自然に使えるようになるまで会社の上司や同僚の方で練習してみましょう。

自分は、会社の上司で練習しているうちに仲良くなったりもしました。

会話と合わせてこの相づちも使っていきましょう。

さいごに

いかがでしたか?

デートで使える会話術について解説していきました。

・会話フロー(質問)

・相づち(さしすせそ)

これら2つを使って相手の方に好印象を与えられるようにしていきましょう。

婚活の不安や悩みは私たちにご相談ください。

相談者様に合わせたオーダーメイドのご提案をさせていただきます。

相談はこちらからお願いします。

この記事を書いた人